カテゴリー「本:きもの」の記事

【きもの】昔きものの魅力と、今のきものの魅力と。

[晴れ]
Dsc_0097 午前中少し仕事をして、午後から着物に着替えて弥生美術館へ。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
160512135007145_photo_2 今展示中の企画は「耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る~アンティーク着物と挿絵の饗宴~」。河出書房新社『谷崎潤一郎文学の着物を見る』の世界を、みごとに再現されていました。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309750217/
160512141232339_photo

160512163947227_photo そのあとは、本の著者のおひとりである大野らふさんのお店、アンティーク着物店〈ポニアポン〉に。
160512164025967_photo 昔きもの好きの友人たちは、がっちり自分に似合う着物を見つけていました♪
(わたしは今回はみんなのコーデでお腹いっぱいな感じに・・・)
160512210907092_deco

160512205819310_deco お店を出たところで「お茶でもしましょう」ということになり、HOTEL GRAPHY NEZUに併設されたカフェバーで、ホットケーキを注文。そういえば今日は朝からバタバタしていてお昼も食べずにいたのでした。
20160512_2 でかけた時間が遅かったので、ちょっとバタバタした感じになってしまいましたが、それでも十分充実した半日となりました。
160512194522049_photo

| | トラックバック (0)

【日常】日頃の感謝をチョコに込めましょ♪

[曇りのち一時雨]
160301022018096_photo 今日は七十二候の「魚上氷(うおこおりをはいずる)」。割れた氷の間から魚が飛び出る頃です。
さて今日はバレンタインデー♪ 美味しいチョコを食べましょう!
160214103701092_photo_2 思ったより激しく雨が降り出してビックリ! 帰るまでには止んでくれると嬉しいな(やみました〜)
160214083933842_photo

突然こんな本を知人が読んでいたので、帰りの電車で読ませてもらいました。
160214100546606_deco 『たんす屋でござる。 呉服問屋3代目の成功哲学』(商業界/中村 健一/2006.04)
お話には聞いていましたが、改めて新しいことにチャレンジして成功した方のお話を文章で読むと、前向きな気分になっていいですね。

バブル前後には2兆円市場あった呉服市場も、2014年は約3,000億円になっているとか。
かつては資産として高価な着物を所有している方も多かったようですが、最近はファッションとして着て楽しむ消費者層が増えていて、その流れでサービスや商品展開も多様性が求められている様子。ますますたんす屋のような、ニーズナブルなきものが必要とされているのではないかと思われます。

| | トラックバック (0)

【日常&SF】秋の武相荘と「今週はこれを読め! SF編」のこと

[晴れ]
_ 【今週はこれを読め! SF編】本日更新です。
自足した孤独の《八世界》、いまヴァーリイの眼で世界を見る↓
http://www.webdoku.jp/newshz/maki/2015/10/27/123027.html
『汝、コンピューターの夢 (〈八世界〉全短編1)』 (ジョン・ヴァーリイ/創元SF文庫)

友人と鶴川にある武相荘へ。
http://buaiso.com/
151027104649866_photo 151027144253720_photo

室内では「武相荘の秋 〜木のぬくもり〜」(11月29日まで)をテーマに、着物やアクセサリー、陶器などが展示されていました。
151027133121419_photo 151027105810781_photo 151027133608821_photo

151027105137669_photo 151027105748154_photo 151027112729876_photo

151027132353007_photo 151027114550998_photo 151027132917035_photo

Dsc_0010 Dsc_0013 20151027_01

突風が吹くたびにドングリがバラバラ降ってきたかと思うと、なんと柿の実までボタリ!
友人のパンツの裾に柿がべったりついてしまうアクシデントまで発生。いやあ、あと10センチ前後にずれていたら、友人かわたしの頭に直撃したかも。自然の力、恐るべし。。。
151027141511808_photo 151027133016053_photo 151027141858771_photo

町田までもどったところで、パンケーキ屋で一服。
151027151448994_photo 151027151933647_photo 151027142639140_photo

| | トラックバック (0)

【SF&きもの本】今週はこれを読め! SF編」本日更新&『きもの美』を読み返す。

[晴れ]
なんだか一日洗濯物やらお片付けやらで、一日が終わってしまったような。
それでも、全然スッキリしないのはどうしたものやら。

Photo_2 【今週はこれを読め! SF編】本日更新です。
甦る『屍者の帝国』、読み換えられる『計劃』↓
http://www.webdoku.jp/newshz/maki/2015/10/20/105056.html

今月末に武相荘に友人といくことになった矢先に、古本屋で『きもの美 選ぶ目 着る心』(白洲正子/光文社知恵の森文庫/2008年)を発見。もととなった『きもの美』は徳間書店で1962年に刊行されたもので、一部写真の入れ替えをしたうえ文庫化したもの。高田倭男の少し辛口の解説が良い。
151026225542940_photo
徳間にいたときに、再刊したいというお話を聞いていたのだけど、光文社から出たのですね。
Photo
151020141741603_photo 151020141854650_photo 151021000411275_photo

| | トラックバック (0)

【キモノ本】江戸時代に貝の口は結ばれているのか?

b[曇りのち雨]
ここ数日出かけてばかりで、もうグッタリです〜。
5 ←仕事で、喜田川守貞『近世風俗志 - 守貞謾稿』(岩波文庫)を読むことに。
せっかくの機会なので『類聚近世風俗志』(明治41年/国学院大学出版部)を古本屋で購入してもらいました。
まあ、国立国会図書館デジタルで「守貞謾稿」は読めるんですけど、やっぱり紙で読みたいんですもんね。
国立国会図書館= http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2610250?tocOpened=1
151027232926998_photo
で、この本には角帯の結び方がいくつか紹介されていまして、もちろん貝の口結びも紹介されていました。興味のある方は、デジタルのほうでチェックしてみてね。
150924142230580_photo

| | トラックバック (0)

【着物本】男着物のMOOK本のこと。

[曇り]
Photo  『今日から始める 男の着物』(泉二弘明/PHP研究所)は、とっても良いですね。
こういう本、好きです。
http://www.motoji.co.jp/netshop/products/detail.php?product_id=16646

二日間のおでかけで、パートナーへのお土産に選んだのがコレ。
↓とろける食感がよかったです〜。

20150824225554_photo 20150824175026_photo

| | トラックバック (0)

【日常】初物七十五日。笑って食べると。。。

[晴れ]
初物です。スイカです。半玉150円だったそうな。思わず笑ってしまいました。
「初物七十五日」なんて言葉がありますが、笑うとさらに効果が増すとか、しないとか。健康に長生き、うれしいなあ♪

さて、今日は原稿読みのお仕事でおでかけ。早く終わらせようと頑張ってますが、予想より苦戦中。
20150726164734_photo 気分転換に、引っ張り出して読んでいたのは、泉二弘明さん監修の『きものまるわかりBOOK―準備、手入れとしまい方、TPOまで』 と、
20150812014854_photo 『着物Begin 2007 vol.1 - 男を上げるきもの入門 (別冊Begin) 』。
どちらも勉強になる本です。
20150812014919_photo

| | トラックバック (0)

【日常】家紋の話。

[晴れ]
Photo 仕事がらみで、最近キモノ関連の本を読んでいます。今日は紋のことで確認したいことがあって、泡坂妻夫『家紋の話 - 上絵師が語る紋章の美 - 』(1997年/新潮社)を引っ張り出してきました。
主に紋の歴史を確認するためだったのですが、紋の盛衰は興味深いものがあります。
たとえば現在では家の紋は兄弟姉妹全員同じものを使いますが、戦国の世ではみな性が同じでも紋は変えたそうなのです。兄弟同士が争う場合があるので、そのとき同じ紋を敵味方で使うと困るからというのが理由。戦国時代に紋の種類が飛躍的に増加したそうなのですが、そういう理由もあったのですね。

20150722160440_photo 三時のおやつは、京なまふ「麩藤」の水晶麸でした。
https://www.g-call.com/shopping/goods/detail.php?ygo_no=7986
20150812_024805 20150722190756_photo

| | トラックバック (0)

【キモノ】仕立ての本とかお手入れの本とか。

[曇り]
今日は七十二候の「鷹乃学習(たかすなわちたくしゅうす)」。鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える頃。

20150812014606_photo ←和裁学舎でも、甚平作りのときなどで参考にしている本がこちら。
偶然我が家にもありました。とてもわかりやすい本ですよね。
20150812014638_photo

←見やすいといえば、この本もわかりやすくていいですね。
半衿付けは、さすがにザックリな感じですが、お手入れの仕方が素人向けに紹介されていて、楽しく読みました。

| | トラックバック (0)

【きもの】BOOKOFFで古いキモノ雑誌購入。

20150614185918_photo 先日、新宿のBOOKOFFに立ち寄ったときに購入した着物本がコレ。
「きもの記念日」(2006年8月30日/主婦と生活社/1365円)
20150618232130_photo 主婦と生活社HPで《きものに興味を持つ20代の流行に敏感な女性が、日常着の延長線上できものを楽しむためのきものファッション誌。》 と紹介されている通り、カジュアルなキモノが魅力的にコーディネートされています。
http://www.shufu.co.jp/books/detail/4-391-62259-9
タイトルの上に「自分らしい はじめてのきもの」という言葉が入っていることもあって、購入場所ごとの特徴も紹介。「呉服屋」だけQ&Aページがあるのは、さもありなん、というところでしょうか。

| | トラックバック (0)