カテゴリー「きもの:小物」の記事

【着方会】和小物作りの日。

[晴れ]
今日は朝から、きもの会の「和小物作り」日となりました。梅雨でてっきり雨模様と思っていたのですが、予想以上の良いお天気でした。
160611120301410_photo 参加メンバーは朝イチで吉祥寺のユザワヤ待ち合わせ。やる気満々です。
メインは↓こちらのタッセル付きビーズ羽織紐。
次回はタッセルも自分で作りたいですね。
1465703490179 シャワー台を使ったビーズ帯留は、ビーズ羽織紐を作った残りのビーズをメインに、オマケで作ったのですが、お揃いで作るのってたのしかったです。
160620173254848_deco

ランチは、駅ビルで購入したお寿司。
160611132350855_photo 予想以上にお手頃価格で、しかもとっても美味しかったです。
ごちそうさまでした♪

| | トラックバック (0)

【日常】ふと、「蛍雪の功」のことを考える。

[晴れ]
今日は七十二候の「腐草為蛍(かれたるくさほたるとなる)」。腐った草の下から蛍が生ずるという意。
夏の風物詩のひとつホタルですが、お気に入りのサイト「びお」によりますと、かつて螢は、「腐った竹の根」や、「腐った草」が蒸れて蛍に化したものだと考えられていたと、紹介されています。なんだか妖怪扱いですね。
http://www.bionet.jp/2009/06/bio72_26/
160609153322977_photo ちょっと時間ができたので、真田紐に綿レースを縫い付けて、可愛い帯留を作成。さらに真ん中に可愛いボタンを縫い付けて・・・楽しい。

おっと。
実は今日、知人より相談されて、なんとわたしがブログ作りのお手伝いをすることになりました。素人なのでもちろん、すごいことはできないのですが、基本的な使い方から、普段パソコン操作していない方には大変だそうな。
Brilliantbeauty ということで、わたしも友人から最初の一歩は手取り足取り教えてもらったので、今回思い切ってお手伝いをさせていただくこととなりました。
←まだ、こんな感じです。。。
http://brilliant-beauty.cocolog-nifty.com/blog/

| | トラックバック (0)

【きもの】あしたの準備で羽織紐作り♪

[曇りのち雨]
最近どうしたわけか、休みになるとお部屋の掃除がしたくなって仕方がないのです。いやまあ、それも大事なんですけど、明日のためのパートナーの着物の準備もしないとです。
160421191432830_deco ←こっちは、わたしのほう。きものは牧さんに合わせて大島で。
 染帯はバラ柄で、帯揚でちょっと悩み中。
160421192231333_photo 牧さんのほうは、せめて羽織紐くらいは新調しないとね。
きものは新婚時代に作った大島のアンサンブルです。
160422000243196_deco

| | トラックバック (0)

【きもの】帯枕を手作り。

[曇り一時雨]
160417082731718_photo 変わり結びの「付け帯」用に、専用の帯枕を作成してみました。
仮紐だけだと、どうしても帯結びがダラリとなってしまうのですよね。 160417091729522_photo

| | トラックバック (0)

【日常】うわあ、いろいろ頑張らないと!

[雨のちくもり]
今日は七十二候の「虹始見(にじはじめてあらわる)」。雨の後に虹が出始める頃。
Dsc_0068 日差しが強くなってきたということですね。雨も止んだし、頑張って洗濯物干さないと・・・

Obi_130710 太陽光を「白」だとして、どうして虹の色が見えるのかというと「波長により屈折率がわずかに異なり、赤よりも青の光線の方が、より強く屈折されるため」だそうな。
さらに、虹は夕方や明け方など太陽高度が比較的低い雨上がりの空に見られることが多いのは、太陽が高いと反射してできた虹が低すぎてみえなくなるからです。そりゃそうだ。
←スミマセン!
虹柄の帯がなかったので、幻想的な柄の絽綴れ帯柄でお茶を濁してしまいました。。。

550_02

先日折り紙で作る可愛いポチ袋がネットで紹介されているのを偶然みつけまして、最近ハマってます。
160413223655034_photo_2 折り紙は、両面(表が花で、裏がドット柄)のものを使用するのがポイントです。
160413232147921_deco 160413231705397_deco

| | トラックバック (0)

【キモノ】着方のプライベートレッスン。

[晴れ]
今日は午後から、知人が紹介してくださった方に、着方のプライベートレッスンのため、都内ででかけてきました。
160329144705311_photo とても熱心な方で、着物と帯をコーディネートした際に、「貴女の雰囲気なら、半衿は白じゃなくて黒地のほうがカッコイイと思います」とお話したら、
1459245871125 黒地の半衿は持っていないけど、なにか代用になるものがあればと、黒地のシースルーレースのショールを探し出してきたのです!
160329194614719_deco

切らずに使用したのでちょっと無理やりな縫い付けとなりましたが、予想以上に良い仕上がりとなっていました。
160329193518006_deco

| | トラックバック (0)

【和裁】ネコ型の鼻緒留め

[晴れ]
先週友人とお肉を食べに行ったときにでてきた香辛料のひとつ「塩漬けの黒胡椒」が気になります。注文しようかな。http://www.kouchayasan.com/spice.html
ちょっと、調子が出ずボーっとしてしまうので、久しぶりに猫型の「鼻緒留め」を作りました。
160215165523393_photo_2 布地は、義理母よりいただいた洗い張りした錦紗縮緬。
昭和30年代のもので、きものにするには弱いので、今は小物作りで大活躍です♪
160215182409450_photo
←洗濯バサミととワタをたっぷり詰め込めば、こんなに可愛い鼻緒留めになるのです。
160215183021586_photo

| | トラックバック (0)

【日常】冬のコート生地の高級品のこと。

[曇りのち雨]
20160206_1 先日職場にて、「高級ウールのビキューナ」って知ってる?
と聞かれたのだけど、残念ながら「高級ウール」という単語でおもいだしたのは「アルパカ」だけでした。
(なおウールは、一般的には羊の毛を指しますが、広義ではアンゴラ・アルパカ・ラクダの毛も含まれます

アルパカ以上に高級品の「ビキューナ」ってどういうものなのか、興味を持ったので、すこしネットで調べてみました。

南米アンデス山脈の高原地帯に生息するラクダ科でアルパカ仲間の獣毛だそうで、日本では、動物を指す場合は「ビクーニャ」と呼び、体毛からつくるウールやその製品は「ビキューナ」と呼ぶことが多いそうです。ビキューナは獣毛繊維中もっとも細く柔らかいとのこと。生息数が少なくたいへん高価なのです。
どれだけ高価なのか「心斎橋西川」に紹介されている「ビクーニャ毛布」をみてみたら↓
http://suya2.com/product/highgrade/375.html
こりゃ、ビックリポンやわ。

| | トラックバック (0)

【日常】今日から如月。

[晴れ]
今日から2月、如月ですね。「きさらぎ」を、旧暦2月まではまだまだ寒くて衣を重ねて着るということで「衣更着」という当て字から、絹更月・衣更月と綴ったりするそうな。異名に、梅見月・初花月など、春を感じるものもあり。
20160201_1 今日のウール姿。よく見ると、いつもとちょっとだけ違うのにきづきましたでしょうか。
帯のところです。半幅帯は帯締や帯揚などナシで、結べるので、ワンポイントにいろんなものを使っています。今日はショルダーベルトを使ってみました。
160201175741741_photo

今年は4年に一度の閏年ですね。
我が家にとってはとても大切な日があると思うと、それだけでも嬉しく感じます♪

| | トラックバック (0)

【キモノ/日常】メリクリ〜♪

[晴れ]
20151225_193159_2 せっかくのクリスマス。
昨日のイブはがっつり夜までお仕事だったので、パートナーの仕事帰りに合わせて、最寄駅でクリスマスデートしてもらいました♪
友人から聞くまで知らなかったのだけど、今日は満月クリスマスなんだそうな。
夜に満月になったのは38年ぶりと聞くと、それだけでロマンティックな気分になりますね。

キモノのほうも、思い切りクリスマス仕様にしてみました。
20151225_192830 朝から半衿を付け替えたり、クリスマスリース柄の生地(半衿用に使っている生地からカット)で帯留めを作ってみたり。。。
151225142011456_deco 20151225_01

牧さんの仕事帰りに合わせて、最寄り駅にて待ち合わせして、早めのディナーへ。
わたしのワガママに付き合わせて、焼肉屋でクリスマスとなりました。うう〜。美味しいです♪
151225171821607_photo 151225171952021_photo 151225172804138_photo

151225172251389_photo
我が家のクリスマスの飾りつけは、
↓この程度。あとはちっちゃなツリーがテープルの上にチョこっと。
151225143411230_photo
↓こちらは湯たんぽ。牧さんへのプレゼント。実は横田さんにも同じものをプレゼントしたのでした。てへへ。

151225225510889_photo

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧