« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

【東京人】「東京新聞」にて、2017年12月号をご紹介いただきました。

2017年11月26日の「東京新聞 web」にて、
201712 〈東京人〉永井荷風-愛すべき散歩者 ゲームきっかけ女性ファン が、掲載されました。
記事の内容は、〈東京人〉12月号88ページ
「若い世代は荷風をどう読んでいるか 南陀楼綾繁」より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201711/CK2017112602000111.html

| | トラックバック (0)

【東京人】「東京新聞」にて、2017年12月号をご紹介いただきました。

2017年11月19日の「東京新聞 web」にて、
〈東京人〉永井荷風-愛すべき散歩者 故郷の小石川訪ね 描く が、掲載されました。
記事の内容は、〈東京人〉12月号32ページ「荷風の背中を追いかけて、『断腸亭日乗』を歩く 壬生篤」より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201711/CK2017111902000108.html

| | トラックバック (0)

【ファン交】本日、11月例会開催しました。

今日の11月例会は、『2049』上映記念での、ディックさん企画でした。

*---------------------------------*
◆SFSFファン交流会11月例会

[日時]11月18日(土)午後2時〜5時
[会場]笹塚区民会館
[テーマ]祝「ブレードランナー」続編! 『2049』とディック新訳の魅力
[出演]添野知生さん(映画評論家)、縣丈弘さん(B級映画レビュワー)、山形浩生さん(翻訳家)
[会費]500円(お茶・お菓子代込み)
2049_2 [内容]
映画化SF作品といえばディック! その代表ともいえる『ブレードランナー』の続編が三十五年の時を経て公開されました。ファン交十一月例会では、長年に渡って愛され続ける映画『ブードランナー』の魅力や、新訳刊行が続くP・K・ディック小説の面白さについてゲストの皆さんと一緒に楽しみたいとおもいます。

■映画『2049』↓
http://www.bladerunner2049.jp/

Photo Photo_2 Photo_3

 

| | トラックバック (0)

【東京人】「東京新聞」にて、2017年12月号をご紹介いただきました。

2017年11月12 日の「東京新聞 web」にて、
〈東京人〉永井荷風-愛すべき散歩者 「ひかげ」の女性に光 が、掲載されました。

その時代の「ひかげ」の女性たちは、一方でその時代の風俗や社会的背景を体現する象徴でもあります。永井荷風展では、小説の主人公や交情を深めた女性たちから、「観察者」荷風の作品世界に触れます。 (「東京人」副編集長・田中紀子)。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201711/CK2017111202000141.html

| | トラックバック (0)

【東京人】本日、「東京人」2017年12月号発売です♪

【12月号 December 2017 No.390】
特集
永井荷風 愛すべき散歩者 
http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html

『ふらんす物語』『すみだ川』『日和下駄』など、多くの作品を世に残した永井荷風。2017年は、永井荷風が日記『断腸亭日乗』を書き始めてから100年にあたります。変わりゆく東京を歩き、風景、風俗など、克明に記しました。
今年は創作ノートも新たに見つかり、企画展を開催する文学館があり、ますます荷風に注目が集まっています。
生涯現役の小説家として、孤独なスタイルを最後まで貫いた荷風に、出会える一冊をお届けします。

[特集]
永井荷風
愛すべき散歩者
断腸亭日乗から100年

写真・尾田信介

○「ふらんす物語」憧れが「現実」に侵されていく様も、美しい
文・林文子 16

○奇跡の遭遇 『ふらんす物語』荷風旧蔵発禁本と自筆原稿 
文・川島幸希 17

○「日和下駄」無為に歩くのがいい
文・大竹昭子 20

○「腕くらべ」斎整の美がある荷風の濡絵
文・岩下尚史 24

○電車の音が心地よく響く
大衆居酒屋をめぐる
有楽町 登運とん/有楽町 新日の基/上野 文楽/御徒町 佐原屋本店/神田 ふじくら・宮ちゃん/西日暮里 喜多八/新橋 羅生門
文・橋本健二  34

○永井荷風 略年譜 26

○荷風の背中を追いかけて、『断腸亭日乗』を歩く
銀座/浅草/荒川放水路/小石川/新宿/市川
文・壬生篤 32

○私家版『ばく東奇譚』から読む 
写真家荷風の視線 50

○知られざる荷風、思考の跡をたどる
文・木部与巴仁

○新発見!晩年の創作ノート
文・川島幸希 52

○快楽を肯定するひかげの女たち
文・川本三郎 58

○武士道と少女道
文・持田叙子 66

○二つの異なる江戸文化
理想を求めた荷風、現実との狭間で葛藤した阿部次郎
文・渡辺憲司 72

○同時代を生きた、森?外、与謝野鉄幹、谷崎潤一郎ほか
物事の本質を捉え、自らの信条を貫き通した人生
文・森まゆみ 78

○外国での読まれ方
フランス篇 文・石川美子 84
台湾篇 『荷風の東京散策記』訳者 林皎碧さんに聞く 文・黒羽夏彦 86

○若い世代は荷風をどう読んでいるか
谷口晃平DMM GAMES プロデューサー/岩波書店に聞く、荷風全集と岩波文庫
文・南陀楼綾繁84

○荷風をもっと知るためのブックガイド
【生き方】【町歩き】【文筆家】
文・木部与巴仁 91

○市川市文学ミュージアム所蔵「荷風コレクション」寄贈者
近藤邦男さんに聞く 荷風愛 が積もり積もって半世紀
文・壬生篤 96

○市川市文学ミュージアム企画展
永井荷風展 荷風を見つめた女性たち/荷風に息吹を与えられた女性たち
文・柳澤真美子 102

◇先付 春夏秋冬20 雪待月
たく庵 柚子塩むすびと焼豚
文・瀬川慧 写真・大山裕平 3

◇点画
とっさの一言 文・原田國男 7
つくる場所、つくられる場所 文・田尻久子 8
「世間師」気取り 文・清水英明 9

◇曇天記 110
神の径の先に見えるもの
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 104

◇ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽86
新橋「DRY―DOCK」の巻
最初の一杯を飲むための航海
文・林家正蔵 写真・川上尚見 106

◇赤坂人物散歩8 今宵ホッピーをこの店で!
日本銀行、東京駅など近代の名建築を手がけた建築家 辰野金吾
文・後藤隆基 110

◇東京芸術劇場「朗読東京」 物語を、聴覚で旅する3日間
文・大谷みさ子 116

◇まちの仕掛け人たち28 国立市
国立市谷保 NPO法人くにたち農園の会 都市農地を、地域の「居場所」にする!
文・金丸裕子 122

◇没後四十五年 短期連載 第一回
都市観察者、明治から昭和の東京を生きて 鏑木清方「下町」への視線
文・谷口榮 124

◇東京つれづれ日誌90
左沢線で訪ねるふたつの町
文・川本三郎 142

◇Close up TOKYO Interview
清泉女子大学文学部文化史学科教授 山本 勉 133
◇Books 本
書評同人 五十嵐太郎、苅部 直、平松洋子 134
◇今月の東京本 137
◇Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
◇City 街 140
◇New Open New Sight
◇東京ネットワーク
◇SHOPS&GOODS 120
◇バックナンバー 122
◇編集後記、次号予告 146

| | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »