« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

【東京人】「東京新聞」にて、11月号をご紹介いただきました。

2017年10月29日の「東京新聞 web」にて、
〈東京人〉11月号編集部おすすめ 
旧町名 息づく架道橋
が、掲載されました。

記事の内容は、〈東京人〉11月号64ページ
「都心の架道橋に江戸の町名をしのぶ」より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201710/CK2017102902000107.html

| | トラックバック (0)

【東京人】「東京新聞」にて、11月号をご紹介いただきました。

2017年10月22日の「東京新聞 web」にて、
〈東京人〉高架下の誘惑 鉄道遺構 創造の場へ が、掲載されました。

記事の内容は、〈東京人〉11月号40ページ「ノスタルジー空間から、未来志向のエリアへ」より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201710/CK2017102202000116.html

| | トラックバック (0)

【東京人】「東京新聞」にて、11月号をご紹介いただきました。

2017年10月15日の「東京新聞 web」にて、
<東京人>高架下の誘惑 赤煉瓦アーチ橋に秘話 が、掲載されました。
記事の内容は、「東京人」11月号58ページ「東京最古の煉瓦(れんが)アーチ『駅』物語 内田宗治」より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201710/CK2017101502000106.html

| | トラックバック (0)

【東京人】「東京新聞」にて、11月号をご紹介いただきました。

2017年10月8日の「東京新聞 web」にて、
201711 [<東京人>高架下の誘惑 風景に溶け込むラーメン]が掲載されました。
記事の内容は、「東京人」11月号23ページ「鉄道都市東京は、高架橋の野外博物館! 小野田滋」より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201710/CK2017100802000112.html

| | トラックバック (0)

【ファン交】本日、京フェス出張版10月例会。

今年もSFファン交流会がお邪魔して企画させていただきます。
驚きの急展開で春アニメの話題をさらった『正解するカド』、ファンからするといかにも野崎まど脚本らしいだったようです。ファン交出張版では、SF読者の間でも人気の高いライトノベル作家、野崎まどの魅力をゲストの皆さんと楽しみたいと思います。

[日時]2017年10月7日(土)21:50~22:50(京都SFフェスティバル合宿企画内)
[会場]旅館「さわや」本店
※参加には京都SFフェスティバル合宿への参加申し込みが必要です。
[テーマ]野崎まどの正解
[出演]らっぱ亭さん(マドラー/ラファティ研究家)

3

Know

| | トラックバック (0)

【東京人】本日、「東京人」2017年11月号発売です♪

11月号 November 2017 No.389
201711 高架下の誘惑
鉄道遺産の愛で方、歩き方 
http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html

都心の真ん中に高架橋が連なる東京は、世界に類を見ない鉄道都市。明治に完成した赤レンガの高架下には大衆居酒屋が軒を連ねています。また、近年はリノベーションにより話題の場所が次々と生まれています。明治時代から現代の高架橋の構造、地名との関係、橋脚の見方まで――
鉄道遺産の愛で方、歩き方をご案内します。

[特集]
高架下の誘惑
鉄道遺産の愛で方、歩き方 
写真・泉大悟、木藤富士夫 10

○東京鉄道高架橋Best9
新永間市街線高架橋/東京万世橋高架橋/東京上野間高架橋/大井町付近高架橋/五反田駅付近高架橋/第一御徒町高架橋/御茶ノ水両国間高架橋/東京品川間線路増設高架下/万世橋高架橋
文・小野田滋 14

○鉄道都市東京は、高架橋の野外博物館!
文・小野田滋 23

○二〇一七年 東京高架下Map
絵・尾黒ケンジ 28

○記憶をつなぐ小旅行
台湾人シンガーソングライター クラウド・ルー 30

○電車の音が心地よく響く
大衆居酒屋をめぐる
有楽町 登運とん/有楽町 新日の基/上野 文楽/御徒町 佐原屋本店/神田 ふじくら・宮ちゃん/西日暮里 喜多八/新橋 羅生門
文・橋本健二  34

○ノスタルジー空間から、未来志向のエリアへ
中目黒高架下/ちゃばら/2k540/マーチエキュート神田万世橋/ビーンズ阿佐ヶ谷/ののみち
文・金丸裕子 40

○失われゆく昭和の横丁
神田小路/有楽町高架下センター商店会/西銀座JRセンター
文、写真・フリート横田 46

○鉄道遺産 幻夢 誰かを癒す愛おしい存在
写真、文・丸田祥三 52

○東京最古の煉瓦アーチ「駅」物語 紅梅河岸高架橋
文・内田宗治 58

○都心の架道橋に江戸の町名をしのぶ
文、写真・今尾恵介 64

○鉄道各社に聞く 高架下ビジネスの新展開
文・大坂直樹 70

○最先端コラム
連続立体化で、町の魅力が高まった/風前の灯、高輪橋架道橋/耐震化工事で変わる、高架下の風景
文、写真・内田宗治 76

○東へ、上下へと拡がった東京駅の拡張史
文・辻 聡 80

○都市と鉄道 高架下のベルリン
文、写真・光嶋裕介 84

○鋼製橋脚図鑑
見ておきたいかっこいい鋼製橋脚/いろいろな「門」/ブレースに注目!/頂部の表情/脚元の個性
文、写真・磯部祥行 86

○ぜひ行って見たい都内踏切Best10
京急品川第一踏切/都電早稲田18号踏切/東京メトロ銀座線上野検車区前踏切近/東急世田谷線若林踏切 ほか

◇先付 春夏秋冬19 暮秋
たく庵 さんま肝醤油焼き
文・瀬川慧 写真・大山裕平 3

◇点画
科学技術と想像 文・田中宏幸 7
長崎から清瀬をながめる 文・森永 玲 8
初めての街角で、音楽と出会う 文・森下唯 9

◇曇天記 109
届かなかった手紙
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 100

◇ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽85
御徒町「牛タンいろ葉 別邸」の巻
ベロベロとは洒落にもならない
文・林家正蔵 写真・川上尚見 102

◇キリンビール
地元で愛される大衆居酒屋第四回 最終回
両国 どぜう 桔梗屋/ちゃんこ黒潮/江知勝
江戸・明治から愛される庶民派鍋でほっこり
文・金丸裕子 写真・渡邉茂樹 106

◇赤坂人物散歩7 今宵ホッピーをこの店で!
萬龍 日本一美人の赤坂芸者
文・渡辺憲司 108

◇くすりのまち、日本橋本町が面白い 薬祖神社例大祭
文・浅原須美 110

◇家庭薬を賢く使って「セルフメディケーション」に努めよう
株式会社龍角散代表取締役社長、公益財団法人東京生薬協会会長 藤井隆太 114

◇シンプルにして深い魅惑 サントリーウイスキー 角瓶
角ハイボール
文・井上明久 絵・藪野建 116

◇進化する「ベビー休憩室」 あなたの知らない世界
文・山上さくら 124

◇まちの仕掛け人たち27 足立区
足立区の小松菜を練り込んだ、うどん・パスタが新・東京土産に!
あだち菜うどん学会 文・金丸裕子 130

◇東京つれづれ日誌89
死者に対する敬意
文・川本三郎 142

◇Close up TOKYO Interview
オール・レビューズ主宰 鹿島 茂 133
◇Books 本
書評同人 五十嵐太郎、苅部 直、平松洋子 134
◇今月の東京本 137
◇Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
◇City 街 140
◇New Open New Sight
◇東京ネットワーク
◇SHOPS&GOODS 120
◇バックナンバー 122
◇編集後記、次号予告 146

| | トラックバック (0)

【きもの】飾り紐と帯締のちがいについて。

[晴れ]
友人に、撮影衣装に使う振袖用の変わり結びをした二部式の作り帯を、頼まれてふくら雀風の変わり結び帯と、片流しの変わり結び帯を作成してきました。
そのときに、「飾り紐を使うと、イメージが変えられて便利ですよ」とお話してのですが、
あとで、「帯締となにか違うのか、よくわからない」と、いうお話を聞き、見たことがないものを言葉だけで説明しても、わかりにくいものだなあと実感。
ということで、実際に変わり結びの事例と、帯締と飾り紐を並べて写真を撮って、説明してみました。
36330 ←上から、2本は丸組の帯締。
3番目は、鎌倉彫の帯留を通している帯留(平組5分紐、普通の帯締より20センチくらい短い)。
そして、4番目以降は、すべて飾り紐なのです。
4、5番目の細紐にはトンボ玉が通っていて、浴衣の帯飾りとして売っていたもの。

36329帯飾りというのは、半幅帯を締めたときに、帯締部分に飾りに締めるもので、長さは帯締とほとんど同じです。
その下は、すべて飾り紐いろいろ。
←こちらに、飾り紐だけ並べてみました。
真ん中の飾り結びは、飾り紐を自分で菊結び風に結んだもので、長さがあるので、こういうこともできて、とても便利ですね。
←下の2本は、帯締の半分の長さで、左右の端に装飾がされていて、無地の飾り紐の数倍の価格で売られています。

では、実際にどんなふうに使うかというと、
↓こんな感じ。帯結びは、「雄蝶雌蝶結び」。
36332 手先部分で作った右側の蝶々の三つ山ヒダを飾り紐で止め、余った部分をリボン結びすることで、簡単かつ豪華な帯結びとなりました。
36333 36334

ちなみに、↓前はこんな感じ。
36331 で、飾り紐を使わない場合の、右側の蝶々の作り方は、
綿テープで、結び目の下に引き止めています。
36336 36335

| | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »