« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

【キモノ】名古屋帯の変わり結び。「翻華太鼓」の結び方。

友人との「きもの会」で、名古屋帯の変わり結びをしたいという声がありました。
彼女はさっそくネットからお太鼓の変わり結びをチョイス。
それはリボン太鼓の変形とも言えるものだったよう。(わたしは画像はみていないの)
170415223145575_deco 変わり結びする帯は綴八寸帯、手先も八寸幅のままだったので、手先から5枚屏風だたみし、コサージュと丸組の帯締を使ってゴムを隠します。
ただ、たいてい名古屋帯の手先側は、締めやすくするために半分の幅になっています。
550_02

ここでは、ワンポイント柄の九寸名古屋帯を使って、ちょっと可愛くて華やかな帯結びを試して見たいと思います。
出来上がりは↓こんな感じです。
170416202008168_deco_2 まず、手先部分で、〈リボン飾り〉を作っていきます。
下の[a-1]から[a-5]までで、まず、飾り部分を作ってしまうのです。[a-1]帯幅分(約30センチ)で、二山半のヒダをとり、真ん中をヘアゴムで止めます。[a-1]〜[a-4]帯締を使って飾り結びをして、[a-5]真ん中のゴムにコサージュを留めたらできあがり。
170420234455071_deco

〈リボン飾り〉部分ができたら[1][2]、基本的には名古屋帯結びです。
[3]手先は30センチ近く短くなっているので、左脇ギリギリにクリップで止め、前太鼓の柄に気をつけながら、いつも取り二巻きします。
[4]背中まで手先を抜き、タレ元を三角に折りあげ、
[5]仮り紐Aで止めます。
170420234133519_deco_2

[6]普通なら前に持ってくる手先部分ですが、〈リボン飾り〉なので、帯山の高さに仮り紐Bを使って仮り止めしておきましょう。
[7]仮り紐A & Bは、前ではこんな感じになっています。
[8]帯山を作って〈リボン飾り〉をぐっと押し上げるように、帯枕ごと帯山を背中にあてましょう。
[9]〈リボン飾り〉を止めていた、仮り紐Aを使って、タレ先8〜10センチのところを押さえます。
170416194402110_deco_2

[10]仮り紐Bをタレの袋担っている部分に落としたあと、タレ先のところから左右より手を入れ、帯枕の上のほうまでもちあげます。
[11]仮り紐Bを、タレ先を押さえている、仮り紐Aに重ねるように、帯の下側にあてて、前でしっかり結びます。
[12]仮り紐A & Bは、前ではこんな感じになっています。
[13]帯締を、お太鼓の少し下目に通して、前でしっかり結び、仮り紐A & Bを取ります。
いつものように手先がないので、お太鼓の決め線が弛んでいるのがわかります。
[14]銀座太鼓と同じように、左右の脇部分は帯締までピッチリ揃えるのがコツ。
170416195200955_deco

できあがりです♪
170415221706441_photoリボン飾りの部分が、ヒラヒラとしていてお花のようなので、「翻華太鼓」という帯結び名にしてみました。
お太鼓部分はお太鼓結びより小さめ(銀座太鼓と同じ感じで)のほうが、キュートな感じになると思います。
170421011213414_deco_2


| | トラックバック (0)

【東京人】本日、「東京人」2017年5月号発売です♪

東京人2017年5月号 May 2017 no.383

特集:残したい、伝えたい東京モダニズム建築
http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html

20175 CONTENTS
[特集]残したい、伝えたい 東京モダニズム建築
写真・木奥惠三、山田新治郎

遺したいモダニズム建築5選
国立西洋美術館/国立屋内総合競技場/東京文化会館/パレスサイドビル/代官山ヒルサイドテラス
選・文 五十嵐太郎 12

遺したいビルディングタイプ10選
モダニズム建築の価値はわかりづらい 29

[対談]
○槇文彦×藤村龍至 開かれた建築、包み込む都市
佐々木邸/代官山ヒルサイドテラス/スパイラル/テレビ朝日/東京電機大学東京千住キャンパス/幕張メッセ 34

○巻きさんのアナザー・ユートピア
文・藤村龍至 41

○新しい建築を求めて ル・コルビュジエと愛弟子たち
神奈川県立図書館・音楽堂/旧神奈川県立近代美術館鎌倉本館/大学セミナー・ハウス/広島ピースセンター/広島市営基町高層アパート
文・写真 松隈洋 42

○DOCOMOMO Japanがめざすもの 国立西洋美術館、世界遺産登録から一年
文・山名善之 48

○近代建築の保存問題 モダニズムにとってしあわせとは何か
旧東京中央郵便局/前川國男邸/小出邸/旧千住郵便浴電話事務室/深川東京モダン館/高輪台小学校/第一生命館/武蔵野美術大学/駒澤大学禅文化歴史博物館耕雲館/国立国会図書館国際子ども図書館
文・松葉一清 52

○消えた建築、消えゆく建築
 ソニービル/法政大学55・58年館/世界貿易センタービル/
 逓信ビル/東京會舘/ホテルオークラ ほか
 文・磯 達雄 60

○モダニズムに暮らす スカイハウス/塔の家
大平一枝 64

○丹下健三の伝説を支えた構造家 川口 衛
 文・平松 剛  72
 大分県医師会館/戸塚カントリークラブクラブハウス/国立代々木競技場第一体育館/シンガポール・インドア・スタジアム/サンジュルディ・スポーツ・パレス 

○モダニズムトピック2017 79

○工場萌え 機能美で合理的で美しい工場を求めて
 東洋オーチスエレベーター/黒部川第二発電所/秩父セメント第二工場/東京都水道局長沢浄水場
 文・藤森照信 82

○デッドエンド 近大が見た夢──フロリダを訪ねて
 リビア・クオリティ・ハウス、シエスタ・キー/セレブレーション ほか
 文・写真 岸 和郎 86

○パロディ ファザードに見られる村野藤吾の「毒」
 大阪新歌舞伎座/日本生命日比谷ビル/千代田生命本社ビル
 文・米山 勇 90

○聴竹居 木造モダニズム建築 建物が人と地域を未来へつなぐ
 文・松隈 章 94

◇先付 13 菖蒲月 コハダのフライ
 文・瀬川慧 /写真・大山裕平 3

◇東京点画
 熊本に移り住んで 文・小野泰輔 7
 トウキョウ─壁─〈タマフリ〉 文・辻 けい 9
 都市と細胞 文・八代嘉美 11

◇曇天記 103 天明七丁未年十月
 文・堀江敏幸 /写真・鈴木理策 106

◇ちょいとごめんなさいよ、四時から悦楽 79
 祐天寺「もつ焼き ばん」の巻 ばんに入ってはばんに従え
 文・林家正蔵 /写真・川上尚見 100

◇「旅する新虎マーケット」オープン! 虎ノ門から、日本文化を世界に発信する
 ますます進化する虎ノ門エリア 102

◇サントリー美術館 六本木開館十周年記念展
 「絵巻マニア列伝」 古今東西、絵巻を求めたマニアたち
 文・千葉 望 106

◇赤坂人物散歩1
江戸城無血開城を成しとげた江戸の恩人 勝海舟
文・渡辺憲司 110
Banner__2

◇「民藝運動」を支えた、知られざる内務省官僚 山口 泉
文・与那原 恵 116

◇まちの仕掛け人たち21 杉並区阿佐ヶ谷
 多様なジャンルのアートが自由に交流し、刺激し合う
 阿佐ヶ谷アートストリート実行員会
 文・金丸裕子 124

◇東京都写真美術館 総合開館二十周年記念
 「夜明けまえ知られざる 日本写真開拓史<総集編>」展
 幕末・明治の日本がよみがえる
 文・網倉俊旨 126

◇東京つれづれ日誌83 初めての桐生散歩
 文・川本三郎 142

◇Close up TOKYO
 Interview 『アニメNEXT100』プロジェクト代表 石川和子 133
◇Books 本
 書評同人/五十嵐太郎、苅部 直、平松洋子 134
◇今月の東京本 137
◇Culture 138
 映画・美術・舞台・古典芸能
◇City 街 140
 New Open New Sight 東京ネットワーク
◇SHOPS&GOODS 112
◇バックナンバー 114
◇編集後記、次号予告 146    

| | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »