« 【本】「はやぶさ」の次は「あかつき&イカロス」だよ、『大人のプラモランド』) | トップページ | 【浴衣】覚え書き其の4−絞りの浴衣 »

【浴衣】覚え書き其の3−特徴のある木綿単衣

木綿単衣といっても、実はいろんな生地があって、なにげに楽しいもの。

Yu_no07_isemomen ←左は、伊勢木綿の単衣です。品のよい縞柄に惚れて購入しました。伊勢木綿については、「臼井織布」のサイトに詳しく紹介されていますので、そちらをどうぞ。
Yu_no08_mentirimen ←右は、綿ちりめん。昔は結構普及していたようですが、最近は目にする機会が少なくなったように思います。この単衣は、取材に行った先の呉服屋さんが扱っていた反物の一本で、あまりに美しい織りと色に惚れて購入してしまいました。でも、あまりに綺麗な色過ぎて、仕立てて三年経ってしまいました。なんとか今年は着て出かけたいもんです。

550_02

Yu_163_koubai01 ←左は、綿紅梅地。
ここ数年濃い色目の浴衣ばかり着ていたので、思い切って白地を買ってみました。最近はこの生地の既製品が安く出回っていたりして、意外に織りやすいのかしら。昔呉服屋でこの生地を売っていたときは、けっこうな高級品だったように思ったのですが。
右↓の夢工房の撫子柄の浴衣も綿紅梅です。
Yu_163_koubai02_yume02

550_02

以下の3枚は、どれも綿絽です。
同じ綿絽でも真ん中にある、↓義母の白地に藍の柄の浴衣は、下着の線がうつりそうなので、主に自宅で羽織っています。
左↓の遠目に鹿の子のようにも見える紫色の小花が全面に散っている夢工房の浴衣や、右側の金魚柄の浴衣は、どちらも地色が濃くて、あまり下着はうつらないのが嬉しいところ。

Yu_163_menro_yume01 Yu_155_menro01 Yu_163_menro02

|

« 【本】「はやぶさ」の次は「あかつき&イカロス」だよ、『大人のプラモランド』) | トップページ | 【浴衣】覚え書き其の4−絞りの浴衣 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【浴衣】覚え書き其の3−特徴のある木綿単衣:

« 【本】「はやぶさ」の次は「あかつき&イカロス」だよ、『大人のプラモランド』) | トップページ | 【浴衣】覚え書き其の4−絞りの浴衣 »