« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

【着装】今日も自宅でキモノ

101130_01 101130_02ウールの単衣に半幅帯。
今日は動きやすそうな兵児帯を締めてみましたた。ふんわりとしてラクです。
ついでに、昨日の帯も締めてみたり(笑)。

| | トラックバック (0)

【着装】自宅で久しぶりにキモノ

101129友人(キモノはお母様のもの)よりいただいた銘仙を自宅で着てみました。実は掛衿部分はつまんでいるだけでして、きっと何度も仕立て直して着ていたのでしょう。着心地のよいキモノです。
せっかくなので、漆織りの半幅帯など締めて、半世紀前のイメージでコーデしてみました。

| | トラックバック (0)

【着装】またまた出稽古にて

101128_01 101128_03 101128_02_2秋本番ということで、ようやく栗鼠柄の帯を締められました。
(真ん中)帯揚は、錦紗のキモノ地を再利用してみました。
キモノは都喜ヱ門の大島紬。

| | トラックバック (0)

【帯/133】和BOX2の整理:柳の下に傘をさす童子柄

Obi_101127柳の下に傘を差しつつ戯れる童子たちの可愛いこと。
ワンポイント柄の袋帯。なんか贅沢ですよね。
この帯に合わせて付け下げのキモノもあります。

| | トラックバック (0)

【帯/132】和BOX2の整理:大島紬生地も織り込まれている帯

Obi_101126これも大島紬に合わせて購入。
段の一部は大島紬地でできている、シャレたデザインなのです。

| | トラックバック (0)

【帯/131】和BOX2の整理:紬用なのにきらびやかな帯

Obi_101125大島紬用に購入した帯。
さりげなく金糸が織り込まれていたりして、印象派絵画のようにセンスの良さにうっとりとなる。

| | トラックバック (0)

【帯/130】和BOX2の整理:藍紬地の袋帯

Obi_101124藍染めの紬地のオシャレ袋帯。

| | トラックバック (0)

【帯/129】和BOX2の整理:紅葉した山景色のような帯

Obi_101123101123_02この日は車で箱根に紅葉狩り。
ということで、錦に彩られた山のような地色の変り織の袋帯を選んでみました。

で、その車を出してくれた大切な友人が、我が家に立ち寄ってくれるというので、久しぶりにお床に色紙軸を掛けました。
初掛けの色紙の禅語は「清座一味友(せいざいちみのとも)」。「清坐にて茶をいただく空間では誰しも友になる」なんて、素敵なひと言ですよね。

| | トラックバック (0)

【帯/128】和BOX2の整理:とうがらし柄のオシャレ袋帯

Obi_101122「七色とうがらし」ともよく言われる、唐辛子の柄って、縁起が良い柄とよく言われます。
ネットで調べてみましたら、中国では唐辛子が魔除けとされており、風水では、「赤」は魔除けを意味しているとか。
さらに、「七色」ということで、
『七難即滅、七福即生』は、世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、七つの福が生まれるということです。(仏法の経典である「仁王経」による)
ということで、この「赤とうがらし柄」は、悪い物を退け、幸運を呼び込む柄ということになるわけですね。さりげなくスゴい柄です。

| | トラックバック (0)

【帯/127】和BOX2の整理:オシドリ柄のオシャレ袋帯

Obi_101121初めて買ってもらった、紬用のオシャレ袋帯でした。
もしかしたら、持っている帯のなかで一番締めたかも。

| | トラックバック (0)

【帯/126】和BOX2の整理:オシャレ袋帯1

Obi_101120ちょっとエスニックな色使いなので、この帯を締めると、泥大島紬も洋風なコーデに。

| | トラックバック (0)

【帯/125】和BOX2の整理:全通のオシャレな袋帯

Obi_101119染めにちょっと花織りっぽい織柄のまま全通。
裏はえび茶色なので、この帯で角出し結びもカンタン。

| | トラックバック (0)

【帯/124】和BOX2の整理:腹合わせに仕立ててみた

Obi_101118可愛い染めの紬地を二枚使って、腹合わせの袋帯を手作り。
同じ取り合わせで、半幅帯も作ってみたところ、そちらばかり使っていまって、こちらの帯の出番はほとんどない状態。

| | トラックバック (0)

【仕立】背抜きの袷仕立て

101117_01八掛を使って、裾や衿先、袖口や振りの部分に裏を付けて、なんちゃって袷仕立てになってます。
踊りのお稽古用に着るために仕立てた模様。

101117_02 ←こちらは、この日お出かけした先の道ばたに落ちていた美しい落ち葉。

| | トラックバック (0)

【帯/123】和BOX2の整理:染めの腹合わせ帯2

Obi_101116こちらの帯も友人よりいただいたもの。
やっぱり、角出し結びしないと、お太鼓部分の柄が反対になります。

| | トラックバック (0)

【帯/122】和BOX2の整理:染めの腹合わせ帯1

Obi_101115友人よりいただいた染めの腹合わせ帯。
角出し結びしないとお太鼓部分の柄が反対向きになってしまうのです。

| | トラックバック (0)

【着装】久しぶりの訪問着

101114_01 101114_0210月に友人の結婚祝いのパーティで着るつもりでタンスから出していた訪問着&袋帯を、そのままのコーデでお茶会に着て行ってみました。
黒地に金彩で萩柄の訪問着に、ゾウやオ
ウムの丸紋の華やかな袋帯を締めました。








101114_03 101114_04 101114_05

| | トラックバック (0)

【帯/121】和BOX2の整理:染めの昼夜帯

Obi_101113丸紋の部分が刺しゅうになっているのですが、これがちゃんと角の部分にくるようになっていたりして、角出し結びするようにできている帯です。

| | トラックバック (0)

【帯/120】和BOX2の整理:絞りで幾何学模様

Obi_101112変わり織地に絞りで幾何学模様という、ちょっと不思議な染め帯。

| | トラックバック (0)

【帯/119】和BOX2の整理:絞り帯

Obi_101111絞りの名古屋帯。

| | トラックバック (0)

【帯/118】和BOX2の整理:紫紺染め

Obi_101110どうしても欲しいと思う染めがあって、そのひとつがこの紫紺染。
素晴らしい色、素晴らしい技術ですよね。

| | トラックバック (0)

【帯/117】和BOX2の整理:いろはにほへと

Obi_101109これもお正月になると締めたくなる帯。
エメラルドグリーンの地色も気に入ってます。

| | トラックバック (0)

【帯/116】和BOX2の整理:お正月気分満載の染め帯

Obi_101108一時はお正月になるとコレばかり締めてました。
とっても楽しくなる帯なんです。

| | トラックバック (0)

【帯/115】和BOX2の整理:見ざる、聞かざる、言わざるでござる。

Obi_101107「見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智の3つの秘密を示しているとされる、三猿柄の帯です。
さる年に面白がって購入。たまに、そういうキブンのときにも締めてみたりして(笑)。
茶色縮緬地の染め帯です。

| | トラックバック (0)

【帯/114】和BOX2の整理:枯山水です。

Obi_101106小豆茶色の縮緬染め帯。枯山水柄を絞りで表現していて、可愛くってオシャレなのです。しかもコーデもしやすい。

| | トラックバック (0)

【帯/113】和BOX2の整理:縮緬地にクワイと干し魚

Obi_101105クワイと干した魚が可愛いと思って買って仕立ててみたら、思っていた以上に粋な雰囲気だったもんふだから、合わせるキモノがあっても、わたしの雰囲気には合わず……。
地色が銀鼠っていうのが、わたしのイメージじゃなかったのかしらん。

| | トラックバック (0)

【帯/112】和BOX2の整理:花かご柄の染め帯

Obi_101104もらいもの。
染めが素人っぽいのが気になるなあ。

| | トラックバック (0)

【帯/111】和BOX2の整理:辻が花風の染め帯

Obi_101103いただきものの塩瀬帯。ちょっと辻が花風の染めになっている。

| | トラックバック (0)

【帯/110】和タンス2の整理:柘榴柄の塩瀬帯

Obi_101102子どもの頃、くだもので一番好きだったのが「柘榴」でした。
(最近は「無花果」が一番)
この帯を原宿の古着屋さんで見つけたときは、ほんと嬉しかったです。
この帯がきっかけで、古着屋まわりをするようになった気がします。

| | トラックバック (0)

【帯/109】帯BOX2の整理:可愛らしい色の藤の染め帯

Obi_101101山吹色がほんなのりぼかしで地色に使われいるので、大好きな藍色や泥染の大島紬などに合わせやすく、季節が限られているにも関わらず、結構締めている気がします。

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »