« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

【帯/050】帯BOXの整理:個性的な色って……。

Obi_100831花唐草の間道柄ということで、お茶のお稽古のときに締めようと思って購入したのだけど、いざ、コーディネートしようとすると、思っていた以上に紫色の個性が強くてなかなか締める機会がないのでした。
今年こそ、お茶のお稽古に締めておでかけしたいもんです。

| | トラックバック (0)

【帯/049】帯BOXの整理:これでも博多織り

Obi_100830ふんわりとした変わり織りの博多八寸帯。
紅樺色地部分のふかふかした感じ(見た目だけでなく、締め心地もそんな感じがするのがちょっと不思議)が好きで、寒くなってウール地のキモノを着るときによく締めます。
柄が、白川郷の合掌造りみたいな家のデザインも、のどかな感じがして好きですね。

| | トラックバック (0)

【帯/048】帯BOXの整理:幾何学模様が好き。

Obi_100829芥子色系の地色と、このなんの花かちょっとわからない幾何学模様が気に入って買いました。
菱形線部分が綺麗な紺藍色ということで、なんとなく春先に締めているような気がします。

| | トラックバック (0)

【帯/047】帯BOXの整理:よく締める博多(続々)

Obi_100828こちらのコプト柄も大好きな帯のひとつです。
こういう色合いは、紬のキモノに合わせやすく、ついつい締めてしまいます。
なんて書いているのか読めないのが、ちょっと残念な気持ちにさせられますが、
勝手に「美味しい料理の作り方を紹介している」と思うことにしています。

| | トラックバック (0)

【帯/046】帯BOXの整理:よく締める博多(続)

Obi_100827そういえば、この博多帯もよく締めます。
有栖川錦の柄を用いた名物裂風の間道柄という、季節を問わない柄と、綺麗な茜色地が、藍色好きのわたしのコーデにぴったりくるのでしょうね。

| | トラックバック (0)

【帯/045】和タンス2の整理:野菜の帯

1008261 Obi_1008262今年は猛暑続きで、夏野菜が高くで悲しいですね。
そんななか、北軽井沢の農家に嫁いだ従妹から、今年も穫れたての美味しい自家製野菜が詰まった箱が届きました。(/ ^^)/アリガトネ。
いつもパートナーとふたり分用に、いろんな野菜をすこしずつ箱いっぱい詰めて送ってくれるので、箱の中は色とりどりでとっても賑やか。
いろとりどり……といえば、夏野菜がいっぱいの名古屋帯がありました。
この藍色系の色撒糊地に丁寧な友禅と刺繍の上品なこの塩瀬染名古屋帯は、新宿伊勢丹の古着コーナーで見つけた帯なんですが、なんと「つけ帯」になっていました。(おかげでとってもリーズナブルな金額でラッキー!)

Obi_1008261 お太鼓部分に、トマト・枝豆・いんげん・胡瓜・アスパラガスが描かれていて、前部分は片面にトマトと枝豆が、もう片面にはいんげんとアスパラガスが描かれています。ホント、美味しそうな帯です。

そういえば、絽塩瀬に胡瓜柄がありました。こっちも好きだなあ。

| | トラックバック (0)

【帯/044】帯BOXの整理:よく締める博多と言えば……、

Obi_100825_2 この博多帯は、よく締めます。
地色が肌色と優しい色合いの上、季節に関係なく締められるエジプト文様ということで、ちょっとコーデに悩むとこの帯を引っ張り出しているような……。

| | トラックバック (0)

【帯/043】帯BOXの整理:白地の八寸帯

Obi_100824博多八寸帯って、大好き!
先月、初めて伝統工芸士の織った博多帯を手に入れたことを書きましたが、別にそんなたいそうなものじゃなくても、そう、緑の「証紙」で充分! 柄が気に入ればそれでokです。
でもって、これは春先の単衣の時期に軽やかに締めたくて、白地の博多帯を見つけて購入したもの。ついつい締めてしまうので、ほかの博多帯よりしなやかな気がします(笑)。

| | トラックバック (0)

【帯/042】帯BOXの整理:葡萄の帯って素敵

Obi_100823これも友人から譲っていただいた帯。
生成りの麻地に墨絵って素敵です。しかも葡萄柄ってところがまた良い。

葡萄って、「房」のほうは〈豊かさの象徴〉だし、「蔓」の部分も、つきつぎと伸びていくところから〈何か強い意志をもって、成長していくことを連想〉するといって、とっても縁起の良い柄ということで、年齢を問わず愛されている気がします。
でもまあ「秋」というイメージもあるので、春先に締めるのはなかなか勇気がいるかも。

| | トラックバック (0)

【帯/041】帯BOXの整理:絽塩瀬の無地帯

Obi_100822この帯は、大叔母にいただいた帯のひとつ。
さすが、普段からキモノをお召しだった大叔母が持っていた帯らしく、紺と朱色のリバーシブルという、とっても機能的な帯です。
残念ながら、一度も締めたことがないのですが……。
思いきってなにかお太鼓のところにパッチワークしたりすれば面白いかもしれませんね。

| | トラックバック (0)

【帯/040】帯BOXの整理:絽織名古屋帯

Obi_100821こちらも昨年、友人に譲っていただいた帯です。
絽小紋などの、キモノをほとんど着ないせいか、こういう定番とも言えるお太鼓柄の絽織名古屋帯を見事に持っていない事実にびっくり!
そういうキモノを万が一着るときのために、あの「朱鷺色の絽綴れ帯」を買ったのを、今思い出しました。

| | トラックバック (0)

【帯/039】帯BOXの整理:紗袋帯(その5)

Obi_100820昨年、友人より譲っていただいた紗袋帯です。
ちょっと濃い目の金茶色地は、持っていない色なので嬉しいです。
淡い黄緑色の絽色無地があるので、そのうちそのキモノに合わせてみたいと思います。

| | トラックバック (0)

【帯/038】帯BOXの整理:紗袋帯(その4)

Obi_100819こちらの紗袋帯は、白地の流水模様に淡いピンク色の萩が散されていて、締めると結構上品に可愛い感じなので、結構好きです。
と言っても、一度しか締めてないなあ〜。

| | トラックバック (0)

【帯/037】帯BOXの整理:紗袋帯(その3)

Obi_100818これもシンプルな紗袋帯。淡いクリーム色です。
柄は……芝に秋草、水面……のような。

| | トラックバック (0)

【帯/036】帯BOXの整理:紗袋帯(その2)

Obi_100817 この紗袋帯は、淡いピンク地の露芝柄。定番だ〜。
でも、袋帯を締めるような機会は、わたしの場合ほとんどがお茶会なので、どれも上品でシックなものばかり選んでしまうのですよ。
しかたないですよね。

| | トラックバック (0)

【帯/035】帯BOXの整理:紗袋帯(その1)

Obi_100816 最初に、絽の紋付に合わせて買った紗袋帯がこれ。
左右で地色が違っていたり、ほんのり銀糸が織り込まれていたりするので、キモノの色を選ばずとっても合理的に使用できる帯ですね。
紗袋帯ではダントツにこの帯の出番が多いです。

| | トラックバック (0)

【着装】これ着てお出かけする予定だったのだけど……

100815_01 100815_02夕方からのお出かけ用に小千谷縮+紗半幅帯をコーデしていたのですが、どうせならお昼からお出かけしましょう! ということになり結局洋服でお出かけ。
というわけで、準備しただけで出番のなかったコーデでした。




さて、友人とはお昼前に上野駅にて待ち合せとなりました。
上野公園に入り、「韻松亭」にて花篭膳(月)をいただき、
国際子ども図書館」で、のんびり貴重な建築遺産を拝見しつつ、気になる絵本をチョイス。
その後、公園内のオブジェを観つつ、夕方の待ち合せ場所に移動となりました。

| | トラックバック (0)

【帯/034】帯BOXの整理:夏八寸帯(続々)

Obi_100814この紋紗の八寸帯は、大叔母に頂いた帯のひとつです。
柄は可愛いし、色も好きなブルー系なんだけど、
ちょっと強めの色合いのためか、一度も締めたことはないのでした。

| | トラックバック (0)

【帯/033】帯BOXの整理:夏八寸帯(続)

Obi_100813こっちの夏帯は、紋紗織りの八寸帯。
軽くて、とっても締めやすい帯です。
少し黄味のある浅葱色が、どうやらわたしの顔色にも合うらしく、コーデしやすくてついつい締めてしまうのでした。

| | トラックバック (0)

【帯/032】帯BOXの整理:夏八寸帯

Obi_100812 義母にもらった夏八寸帯のひとつ。波状に織られた藍色の帯ですが、よく見ると微妙に使用している色がグラデーションになっていて、締めるとほんわり立体感のあるさりげなく上品に凝った織り帯で、いち時期よく締めました。

| | トラックバック (0)

【帯/031】帯BOXの整理:銀鼠の夏キモノに締めたくて

Obi_1008011 銀鼠のよろけ縞の夏キモノに合わせて買った紗袋帯。
黒地に濃い紺色の羊歯菱柄に、全体の1/4強のみ銀糸で羊歯菱柄を織っている上品さに惚れました。
「伝統工芸」印は、この帯が「もじり織」という特殊な技術で織られているかたらで、通産大臣から伝統工芸品として指定されら技術ということです。さらにタッグを読むと、「ぬれぬきもじり織」と書かれています。
調べてみますと、「ぬれぬき」というのは、夏物の織り固め風合いを出すための水に浸した緯糸(よこいと)のことで、この織物はその「ぬれぬき」を織りながら乾かすという、さらに高度な技術で織られている袋帯だそうな。
技術的な素晴らしさもですが、なによりこの帯は軽くて張りがあって、とても締めやすい良い帯なのです。

| | トラックバック (0)

【帯/030】帯BOXの整理:柳燕刺繍の帯

Obi_100810この刺繍の絽名古屋帯は、デパートの「リサイクル品バーゲン」で、以前紹介した金魚の刺繍帯と一緒に見つけて購入したもの。
牧谿の柳燕図じゃないけれど、柳に使われている色とりどりの表現が美しくて素敵です。
燕は、春に日本に飛来(秋には南方へ飛び去っていく)するところから、「ようやく訪れる春のきざし」ということから吉兆柄。柳は「雨」のイメージがあるので、締めるとしたらやはり春の単衣の季節が一番良さそうですね。

| | トラックバック (0)

【帯/029】帯BOXの整理:絽塩瀬の黒

夏のキモノはどうしても濃い色のものが増えてきます。色のイメージだけで考えれば、白地が涼しそうなもんですが、キモノの場合、盛夏のキモノは透ける生地になるため、濃い色のほうが、長襦袢が透けて、涼しそうな気分にさせてくれます。ということで、黒地の帯の出番は思った以上に少ないのでした。
Obi_100809 とはいえ、綿や麻地の場合には、生成りや白地が意外と多いので、そういうものに合わせることができるものなら、結構出番があるのですが(笑)。
たとえばこの帯なんかは、気軽に締めているほうかも。

| | トラックバック (0)

【着装】イベント二日目

100808_01 イベント二日目は、友人より譲っていただいたキモノを着させていただいた。
なんとも嬉しい、風通紗です。
「二重織り」と呼ぶひともいるようですが、確かに裏表を一度に見比べると、二重に織るという意味もよくわかります。
※画像左側が表で、左側が裏です。

100808_02 100808_03 この日の帯は、絶対この日に締めようと決めていた、リアルイルカ柄の絽塩瀬帯でした。

| | トラックバック (0)

【着装】イベント参加初日

100807_01 100807_02 夏のイベント「SF大会」に今年も参加させていただきました。
初日は、大会のイメージキャラに使用されている「金魚」をどこかに取り入れたいと思い、春にパートナーに誕生日のお祝いに買ってもらった、金魚柄の半幅帯を締めることにしました。
キモノのほうは、先月行った古着屋(アンティックリサイクル着物「歩和留の着物」)で帯を買ったときにオマケでもらった白地のサマーウールを着ることに。

このサマーウール、銀糸が織り込まれているところから、ずいぶん年代モノだとは思うのですが、ここ数年浴衣のほうで「プチゴージャス」ということで、金銀糸を織り込んだ生地が使われており、モノトーンの半幅帯と合わせてみれば、意外にスマート&プチゴージャスなコーディネートになって満足!

実は最初、半幅帯がモノクロだったので、ちょっと可愛いイメージもプラスするため、下にある小千谷縮と合わせるつもりだったのです。(悪くはないけど)面白みのないコーディネートになるところでしたね。

100807_03

| | トラックバック (0)

【帯/028】帯BOXの整理:これでも絽つづれ帯なの

Obi_100806 こんな柄でこの色の織り帯というのは、ちょっとインパクトありすぎですよね。
思わず衝動買いしたのを憶えています。でも、あまりに個性的なため実は一度しか締めてません。
二年前にこの帯を頭に浮かべながら白地の浴衣を購入したのですが、その浴衣を着るチャンスを未だに作れず、この帯も出番待ちのままなのでした ┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | トラックバック (0)

【帯/027】帯BOXの整理:上品で可愛らしい帯

Obi_100805 この絽綴れ帯を見つけたときは、まだほとんど夏帯を持っていなかったので、お茶のお稽古からちょっとしたお出かけまで、やたらめった締めていた記憶があります。
そのせいか、21世紀になって一度も締めていないのは、ちょっともったいないような気もしますね。でもまあ、いざ締めたいと思っても、こんな上品で綺麗な色目の帯を締める機会も最近ないのでした。

| | トラックバック (0)

【帯/026】帯BOXの整理:豪華なのは良いけれど……。

Obi_100804 とっても涼しげで締めやすそうなのだけど、特に夏は普段着ばかり着ているせいで、金糸を使っているこの帯は、未だ一度も出番なし。残念!

| | トラックバック (0)

【帯/025】帯BOXの整理:夏帯といえば紗献上(続々)

Obi_100803 こちらの紗献上帯は、昨年友人より譲り受けたもの。キリリとしたモノトーンの献上柄は、いつか購入したいと思っていただけに、今からこの帯を締める日が楽しみだわ〜(o^-^o)

| | トラックバック (0)

【帯/024】帯BOXの整理:夏帯といえば紗献上(続)

Obi_100802 この上品な色の紗献上は、義母の帯なのですが、締めるのが面倒ということで譲っていただいた帯のひとつです。ここ数年でもっとも締める名古屋帯なのです。

| | トラックバック (0)

【帯/023】帯BOXの整理:夏帯といえば紗献上

Obi_100801 ちょっと美味しそうな色が気に入っているのが、この紗献上。
これをみる度、サーティワンの、ペパーミントアイスを思い出して、とっても幸せ気分に♪

| | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »